血管年齢の若返りのための禁煙 喫煙が血管年齢に与える影響力とは

MENU

血管年齢の若返りのための禁煙 喫煙が血管年齢に与える影響力とは

タバコが血管年齢に与える影響とは

喫煙には血管をギュッと収縮させる働きがあります。血管が縮まることで血圧が上がり、動脈硬化の原因の一つである高血圧を引き起こす可能性があるのです。またタバコにはニコチンが含まれていますが、これが動脈硬化をさらに促進させてしまいます。

 

さらにニコチンにはコレステロールを酸化させる働きがあります。酸化したコレステロールが血管に付着すると、血管はどんどん硬くなり、もろくなり、狭くなってしまう、という最悪のサイクルに入ってしまいます。
こうしてタバコを1本吸うごとに、血管年齢を上昇させてしまう、という恐ろしい結果になってしまうのです。

 

若返りには禁煙が一番

高くなってしまった血管年齢の若返りには、何と言っても禁煙が一番効果的です。いくら食生活や睡眠などで改善を図っても、タバコを吸っていたら何にもなりません。そうは言ってもストレス解消のために中々止められないんだよ、という方もいるかもしれませんが、そういう方は一度禁煙外来を利用されてみてはいかがでしょうか。一人でやめようとせず、皆の力をかりましょう。

 

若返りというと、とかくしわが少ないとかシミが無いなど、見た目の若さに目が行きがちですが、身体の中から若返ることこそ真の若返りと言えます。血管年齢を下げて、真の若さを取り戻しましょう。