あなたの体内年齢はいくつ?血管年齢チェックで動脈硬化予防!

MENU

あなたの体内年齢はいくつ?血管年齢チェックで動脈硬化予防!

体内年齢と血管年齢について

体内年齢は血管年齢とあまり違いはないのですが、胃や腸などの健康具合などを考慮に入れると体内年齢で、血管の柔軟性に注目をして検査をすると血管年齢ということになります。チェックを受けるためには人間ドックを受ける必要があるのですが、この検査はオプションとして行われることが多いので、別料金として2500円程度の費用がかかります。

 

この検査をすると動脈硬化の進行度がわかるので、脳出血や脳梗塞などの病気のリスクを把握して、それによって、自分の生活習慣などを医師のアドバイスにしたがって、行うことができるようになります。

 

動脈硬化のチェックでわかること

血管年齢が高いということは血管の柔軟性が失われていて、血管の病気のリスクが高まっていることを表していて、そのままの生活習慣を継続していると、近い将来に血管の病気になる確率が高まります。脳の場合には血管がつまると脳梗塞になりますが、これが心臓の場合には心筋梗塞となります。

 

タバコを吸っていると血管の収縮が大きくなるので、血栓がつまりやすくなります。喫煙や大量の飲酒と体内の水分不足が重なるとよりリスクが大きくなるので、血管年齢が高いと診断された場合には水分補給や禁煙などを行うことが重要です